株式会社カブロボの運営メモ

年率30%を目指すロボアドバイザー「信用ロボアド」を提供する株式会社カブロボ(旧gescalgo)の運営メモです。お金や投資、相場にまつわる情報を発信してます。


アノマリー

複数のアノマリーを駆使し、23年投資戦略を考える。

今回は、過去記事の内容を基に23年の干支アノマリーおよび米国大統領選アノマリーを紹介し、23年の投資戦略を考えます。 gescalgo.hatenablog.com 干支アノマリー卯年(うさぎ)「卯跳ねる」 23年は1950年以降の騰落率でみても、4勝2敗16.2%の騰落率です。 …

年末ゴム高のアノマリー。

商品11時30分 ゴムは5日続伸 年末アノマリーで個人が買い: 日本経済新聞 【簡易要約】 12月9日午前の国内商品先物市場でゴム(RSS)は5日続伸 天然ゴムの主要な生産国であるタイが2月頃から減産期に入る そのため、年末にゴム需要が高まるとのアノマリー(経…

恐怖指数(VIX)のアノマリー 22年度版

恐怖指数が30を超えたら買って、20を下回ったら売るのが一番パフォーマンス良い皆が弱気の時に買って、皆が強気の時に売るのが聖杯だね! pic.twitter.com/84erPZzgda — ゆきひろ (@yukihiro_fx) 2022年11月23日 「恐怖指数が30を超えたら買って、20を下回っ…

【市況ニュース】ブルマーケット(強気相場)に突入&「ねじれ」政府のアノマリー

10月の消費者物価指数は予想を下回った 【簡易要約】 今までの整理 10月の消費者物価指数は予想+8.0%に対し+7.7% 食品とエネルギーを除いたコア指数は+6.3%で、これも9月の+6.6%より減速 連邦準備制度理事会(FRB)は賃金上昇が収まることを確認したい気…

【市況ニュース】22年の「サンタクロースラリー」は期待できない説。

米国株にサンタは来ない 年末高期待を砕くFRB: 日本経済新聞 【簡易要約】 今年の米国株は年末恒例の「サンタクロースラリー」が期待できない 12月FOMCで利上げ幅縮小の可能性も、これまでの利上げの効果検証の目的 引き締め姿勢を緩めるわけではない より長…

師走に向けた年末進行の対策と、来年の株価見通しをアノマリーの観点からおさらいします。

タイトルの通り、今回は過去記事のアノマリーを基に年内の動き方と来年の考え方のベースをおさらいするための回です。 流れとしては、以下の通りです。 「ハロウィン効果」:現在(省略) 中間選挙アノマリー:不発の予感も12月に向けて株高期待 タックスロ…

ハロウィン前の確認事項、10月安値のアノマリー!

毎年10月は株価急落に注意した方が良い理由|会社四季報オンライン 【簡易要約】 「10月の虐殺(Massacre of October)」 10月には米国発の株価急落が幾度もあった 1987年のブラックマンデーなど、米国発の株価急落が幾度と起こった 「米国株は中間選挙の年…

腹を空かせた投資家たちの格好の餌食・四季報アノマリー!

今秋の「四季報アノマリー」シーズンに注目すべき"材料株"|会社四季報オンライン 【簡易要約】 「四季報アノマリー」とは 『会社四季報』発売日の前後には個別・材料株が活躍する 四季報は毎年3月、6月、9月、12月に発売 今週9月16日(金)が『会社四季報』最新…

米選挙4年サイクルをまとめたら見えてきた、今後に備える選挙アノマリー!!

米国市場は暗夜行路:中間選挙年のアノマリーにも注意 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア 【簡易要約】 大統領選挙前年のアノマリー 「大統領選挙の前年(中間選挙の翌年)は株価が上昇しやすい」 現職大統領が翌年の大統領選挙をにらんで景気浮揚に注…

9月とレーバーデーにまつわるアノマリー!(およびセルインメイの回収)

レーバーデー明けの相場の急変に注意 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア 【簡易要約】 レーバーデーとは? 毎年9月の第1月曜日はレーバーデー 土日と合わせて3連休となり夏のバカンスシーズンのフィナーレ レーバーデー明けの火曜日から米国の学校は新…

20年に一度、伊勢神宮の式年遷宮アノマリー。

ブログ:伊勢の「金座」遷宮、経済の時代へ | ロイター 【簡易要約】 伊勢神宮の式年遷宮(しきねんせんぐう)と経済との関係性 式年遷宮とは、20年に一度社殿を建て替え、御神体である神儀を新宮へ遷す重要な祭儀の一つ 原則20年ごとに東の御敷地「米座(こ…

株価底入れのアノマリーをリセッションタイミングで計る。また、実際の行動に落とし込んだら?

米株式市場、景気後退ほぼ織り込み済みでひるまず-GDPに驚きなし - Bloomberg 【簡易要約】 おさらい 米国内総生産(GDP)は1-3月(第1四半期)に続き、4-6月(第2四半期)も減少 2四半期連続のマイナス成長は「テクニカル・リセッション(景気後退)」 …

60/40ポートフォリオのアノマリー。

60/40ポートフォリオを見限るのはまだ早い、歴史が示す-バンガード - Bloomberg 【簡易要約】 株式60%、債券40%という古典的な「60/40」ポートフォリオ 今年は、両方の資産クラスが急落したため打撃 債券が株式相場下落に対するヘッジになるか、ウォー…

【市況ニュース】これからの「相場」の話をしよう ~ピンチをチャンスに変えるニュース

FRBの利上げサイクル「過去13回中、景気後退入りが10回」データは無視できない。攻守“二刀流”狙う22銘柄 | Business Insider Japan 【簡易要約】 現在のFRBの立ち位置は、非常に厄介 インフレ沈静化に取り組むなかで、経済破たんに追い込むリスクが高まる FRB…

22年後半は本当に日本株に旨味はあるのでしょうか? 今ならまだ間に合う感じが悩ましいところです。

米国株が示すリセッション確率は85%、政策ミスが背景-JPモルガン - Bloomberg 【簡易要約】 S&P500種株価指数は米国のリセッション(景気後退)確率は85%と示唆 過去11回のリセッションで平均26%下落 早ければ年末にもリセッションに陥る可能性 6カ月…

チャンスを捉えたい! 買い場を探る底値アノマリー。

米国株は一段安へ、FRBの政策転換までに-ゴールドマンとBofA - Bloomberg 【簡易要約】 米金融当局が引き締め終了を示唆したら株価は底値 リセッション(景気後退)入りが明白になるまでそれは起こらない 金融政策は、株価が底入れの約3カ月前に引き…

底は打った? 米利上げ開始のアノマリー!!

米利上げ後の日米株は「経験則通り」推移、日本株優位は継続との声も - Bloomberg 【簡易要約】 米国の3月の利上げ後、ここまでは過去の経験則と同様の値動き 過去のパターンを踏襲するなら、米国株に対し日本株の優位と株価上昇は年内継続する可能性 米国 1…

インフレ率上昇、海運株上げ後の大相場アノマリー!!

22年後半に大相場が到来する 相場の生き字引が大胆予測: 日本経済新聞 【簡易要約】 半世紀以上にわたって市場を見守り続けてきた株式評論家の植木靖男氏 これから日本株で大相場が到来すると予測 大相場までの流れ 大相場が来る前は、必ず海運株が上がる 不…

日経平均が意外としっかり!? 上場企業の為替見通し「円高」は、日本の実力か政治家頼みの希望か?

米国株急落。でも日経平均が意外にしっかりのワケ | トウシル 楽天証券の投資情報メディア 【簡易要約】 米国株急落でも日経平均が下がらなかった理由 一番の理由は「円安」 日本株を動かしているのは外国人投資家 ドル建て日経平均は円安に大きく下がった …

GWの「円高パニック」&「長期連休」のアノマリー

「怒涛の円安」で迎えるGW円高アノマリー | 吉田恒の為替デイリー | マネクリ マネックス証券のお金と投資のオウンドメディア 【簡易要約】 GWの「円高パニック」のアノマリー 2008~2011年にかけて4年連続で起こった 2010年5月5~7日にかけては最大5円もの…

投資リターンを向上させる!? 自社株買いアノマリー!

自社株買い急増、相場の天井を示唆か | WSJ PickUp | ダイヤモンド・オンライン 【簡易要約】 自社株買いの現状 ゴールドマン・サックスによると、22年のS&P500種採用企業の自社株買いは1兆ドルを上回る勢い 自社株買いの活発化は、市場の天井を示唆する ド…

4月の上昇には訳があった! 米国の確定申告アノマリー。

4月の米国株は「株高」になる…?底打ちで“株価の反転”が期待できる「プロ厳選7銘柄」(宇野沢 茂樹) | マネー現代 | 講談社 【簡易要約】 米国株市場にとって4月は上昇の特異月 S&P500指数の月間騰落率では、4月は圧倒的な好成績 米国では例年4月が確定申…

【市況ニュース】世界経済がじわじわ悪化してたのが、いよいよ表面化し始めました。

米消費者物価指数8.5%上昇、伸び加速-FRBへの圧力強まる - Bloomberg 【簡易要約】 総合CPIは前年同月比8.5%上昇(前月は7.9%上昇) コアCPIは、前年同月比6.5%上昇 ファンドマネジャーの悲観度は過去最悪-BofA顧客調査 - Bloomberg 【簡易要約…

【市況ニュース】今後の景気見通しはどうなる?中間選挙の季節性アノマリーを添えて。

商品ETFに群がる状況、高リターンの終焉を示唆-JPモルガン - Bloomberg 【簡易要約】 個人投資家が投資信託(ETF)に群がる状況は、著しいアウトパフォーマンス終了の兆し 急激な資金流入後に短期的なアンダーパフォーマンスに陥ることが多く、ボラテ…

【市況ニュース】「有事の円買い」アノマリーが不発だった理由。さらに、今後のドル円の見通しとは?

ウクライナ緊迫化・米利上げ前夜でもドル円が安定している理由 |ニッセイ基礎研究所 【簡易要約】 ドル円レートの安定感の理由 利上げ→過度の金利上昇→景気減速で、ドル高の勢いが削がれたため(米国経済の減速懸念) 市場の流動性低下に対する懸念が高まっ…

【市況ニュース】ロシア軍事作戦と、「有事は買い」のアノマリー

プーチン大統領、ウクライナ東部での軍事作戦命令-非武装化目指す - Bloomberg 【簡易要約】 ロシアのプーチン大統領は、親ロシア派地域の人々を守るため、「特別軍事作戦」を命じた 「ウクライナを人質に取った勢力から自国を守らなければならない」と主張…

【市況ニュース】米国リセッション・アノマリー発動か? 

株式市場のスランプは景気後退リスクの増大を示唆 【簡易要約】 2/18までのS&P500指数の年初来パフォーマンスは-8.8% 1980年代以降、新年の最初の二か月のパフォーマンスがヒドく悪いとき、米国は必ず景気後退に入った この経験則なら、2022年米国はリセッ…

【市況ニュース】景気後退リスク高まる!? ナイフが落ちるのは実はここから?(および、軍事衝突のアノマリー)

連邦準備制度理事会の緩慢な手綱さばきで米国経済はリセッションのリスクも マーケット|SBI証券 【簡易要約】 連邦準備制度理事会(FRB)の手綱さばきは、余りにもノロノロしていて既に手遅れ(過去40年で最悪) 過去の事例 米国のインフレが過去7.5%を超…

【市況ニュース】落ちてくるナイフをつかむための確認ポイントと、それにまつわるアノマリー!

止まらぬ株安、ナイフはいつ床に落ちるのか: 日本経済新聞 【簡易要約】 有名な相場格言「落ちるナイフをつかむな」は、不用意な押し目買いを戒める では、ナイフはいつ床に落ちるのか? 米株の株安原因 米国に限れば、株安の原因は明白、実質金利の上昇! …

【市況ニュース】JPモルガン、ゴールドマンの相場観と、1月効果の振り返り!

小型株でのリセッション懸念行き過ぎ、押し目買いを-コラノビッチ氏 - Bloomberg 【簡易要約】 JPモルガンのストラテジストは、小型株など大きく売られた銘柄は買い場と指摘 市場の指標の多くは既にリセッション(景気後退)懸念を織り込みつつある 景気循…

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク