株式会社カブロホ(旧gescalgo)の運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


年収と家賃の適正目安について整理しました。引っ越しシーズン直前の手がかりに!

rent

 

年収に対する家賃の目安。快適な暮らしのために適正な家賃を知ろう - トラの知恵

【簡易要約】

  • 年収に見合った家賃の住宅を探すことが大事
  • 年収に対する家賃の目安=自分の年収に見合った適正家賃とは?
  • 手取りの25%が目安
  • 貯金や投資を考えてる人は、手取りの15~20%以下のケースも

 

手取り年収額     家賃25%     家賃20%
300万円     6万3,000円     5万円
400万円     8万3,000円     6万7,000円
500万円     10万4,000円     8万3,000円
600万円     12万5,000円     10万円

 

 

 

~~~~~

 

相場環境が悪く、資産防衛について敏感になってる人も多いことかと推察します。

そんな中、手っ取り早く資産を守り増やす方法は家賃の見直しです。

これから、引っ越しシーズンが本格化することもあり、家計に見直しには良いタイミングではないでしょうか?

 

目安は手取りの25%とのことですが、貯金や投資をすることを考えると、できれば20%程度に抑えたいところではあります。

単身者であれば、ある一定水準を超えれば家賃は大きく上昇しない訳ですから、特に贅沢をしたい場合を除いては、その土地の相場に見合った収入を確立することが先決となります。

またすぐさま、年収アップをするのが難しい場合でも、ルームシェア・同棲であれば年収を抑えることが可能です。

住居の設備は高いまま、さらに家計に対する支出を抑えられるため、メリットは大きいです。

 

今までは、目安となる家賃は、年収、額面、手取り〇〇%と、あやふやだったため実際の金額感と合わせて整理するとハッキリしたように思います。

 

一般的な話で言いますと、日本の平均年収が400万円前半ですから、家賃は7-8万円前半が堅実的と言えます。

仮にルームシェア・同棲する場合は、13.4万円よりも安いところに住めるかと思いますので、10.4万円の物件であれば、3万円(ひとり1.5万円)お得になります。

光熱費等も折半できるのが良いですね。

その上、会社から交通費が出るため、通勤時間に対する価値観次第ですが、郊外から都心に出てくるスタイルであれば、家賃はさらに抑えられます。

 

リモート全盛の現代で、新しいライフスタイルが根付く中、日本でもどこまでリモートワークが機能するかがひとつのポイントですが、年収と家賃について参考になればと思います。

20代であれば25-30%もやむを得ないですが、30代以降であれば20-25%以内に抑えられると資産形成に有利に働きそうです。

 

 

【市況ニュース】22年は、まだ1か月も経過してませんが相場見通しは「悪い」です。その現実を噛みしめ、淡々と投資活動いたしましょう。

under

 

アメリカ株が「懸念すべき投資先」になりつつある理由 | 会社四季報オンライン

【簡易要約】

  • 22年アメリカ経済が短期的にマイナス成長まで下振れる可能性
  • インフレ沈静化を最重視するFRBの政策姿勢
  • 経済減速を容認は、簡単には変わらない

 

  • 22年の経済成長率低下と企業業績減速が始まり、当面は「懸念すべき投資先に変わりつつある」

 

 

 

~~~~~

 

ここまで来てしまったら、いったんは腹を決めて低成長を受け入れるしかありません。

いま世界的に起こってることは、①新型コロナによる経済の危機、②経済危機を回避するためのお金の増刷、③お金の刷りすぎによる「インフレ化」です。

 

②のときまでは、雇用の回復も重要な項目でしたが、今となっては完全に「インフレ」を何とかすることが最重要課題です。

そして、インフレをなんとかするためには、テーパリング(金融緩和策の縮小)をして「利上げ」を行う必要があります。

 

これまでは、経済状況も調子もよく、利上げを行ったとしてもそれに耐えうるとの見方でしたが、オミクロン株の蔓延でその見通しにも陰りが出てきました。

そんな中、さらにインフレ加速があり、悪材料となってます。

 

経済の調子がよければ、利上げのマイナスと好景気のプラスが上手い具合に相殺されることが期待できましたが、現在の状況から判断するに、高インフレの悪影響が強すぎて好景気のプラスも丸のみした上でのマイナスとの見方になってます。

つまり、このまま利上げを行えば、一気に景気後退まで進むだろうということです。

 

それがわかった上で、FRBは利上げを断行しようとしています。

 

失業状況も大切ですが、そもそもインフレで物価が上がりすぎると、働いても生活できないみたいな極端な状況にもなりかねませんので、インフレの火消しに躍起になってるのでしょう。

 

株価的にはプラス材料がまったくない状況ですので、資源株など一部は恩恵を得られる可能性はありますが、当面の間、1-3年程度はとっても寒い展開が予想されます。

合間には急落も挟まって、市場関係者に関しては「淡い期待がへし折られる」ようなことも何度もくりかえされるでしょう。

 

強気相場への種まき(もしくは休耕期間)ということで、大人しくしてるのが良さそうです。

 

ただし、長期積立を前提としてるNISAやiDeCoなどは、このマイナスでしかない何のメリットもないような状況でコツコツと積み立てたお金が、次回の強気相場で一気に芽吹くこととなりますので、短期のマイナスには目をつぶり、淡々と積み立てる姿勢が必要になります。

 

信用ロボアドに関しても、景気のトレンドとは関係なく勝率がわずかに上回る誤差に活路を見出す手法のため、1か月などの短期で見てしまうとどうしてもマイナスに傾く時期もありますが、そこは感情を挟まずに淡々とロボットに任せてシステムトレードを実行するのが吉となります。

20年のコロナショックで市場は阿鼻叫喚、その後、鮮やかなV字回復を遂げたハイテク株市場と米株ブームで華やいだ投資ブームもここで閉幕。

次のチャンスに向けて、各々が資産を守りつつ投資に原資を来たるべきチャンスに向けて蓄える時期に入ってます。

 

例によって、資産形成を多少リスクを取ってでもブーストさせたいと考えられる方にとっては、相場とは関係なく年率30%を目指せる 信用ロボアドは、一定のメリットがあるかと思われます。

気になる方は、お問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いです。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク