株式会社カブロボの運営メモ

年率30%を目指すロボアドバイザー「信用ロボアド」を提供する株式会社カブロボ(旧gescalgo)の運営メモです。お金や投資、相場にまつわる情報を発信してます。


チャンスを捉えたい! 買い場を探る底値アノマリー。

base

 

米国株は一段安へ、FRBの政策転換までに-ゴールドマンとBofA - Bloomberg

【簡易要約】

  • 米金融当局が引き締め終了を示唆したら株価は底値
  • リセッション(景気後退)入りが明白になるまでそれは起こらない
  • 金融政策は、株価が底入れの約3カ月前に引き締めを終了
  • それから約2カ月後に緩和へとシフト
  • インフレ減速の兆候確認は今年後半と予想

 

株安の痛み近く終わる可能性も、クレジット市場に明るい兆し-調査 - Bloomberg

【簡易要約】

  • もうすぐ株安は終息するとのシグナル
  • 米国債利回りに対する社債の上乗せ分、クレジットスプレッド
  • この1年間でほぼ2倍に拡大(米企業への懸念)
  • しかし、クレジットスプレッドの変動はなくなってきた
  • これを株式相場の底入れの兆候と指摘
  • 通常、S&P500種が持ち直す平均42日前にピーク(1.5か月前)
  • 22年のクレジットスプレッドの変動がピークは3月だった

 

 

 

~~~~~

 

「金融政策は、株価が底入れの約3カ月前に引き締めを終了」

 

これに尽きるのではないでしょうか。

しかし、そうなると、23年までは底を付けないとも取れますし難しいところです。

 

ただし、今年後半にインフレ減速の兆候が見られるという話ですので、1つのタイミングとして注目したいです。

終了時期次第にはなりますが、戦略は目標数値だけを修正した3000-3300を底値目安として買いすすめる形になります。

 

注意点としては、今年後半には選挙ラリーやインフレ減速兆候などであがり、翌3月まで高値を目指す展開を想定してましたが、その辺はどちらに転ぶかわからないため注意が必要です。

 

 

 

今年のような難しい相場を読まずに年率30%を目指すなら、信用ロボアドを検討ください。

 

運用実績は、下記よりご覧いただけます。
デモトレード
トレーダーYの「信用ロボアド」運用ブログ

 

疑問・質問などは、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。



スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク