株式会社カブロボの運営メモ

年率30%を目指すロボアドバイザー「信用ロボアド」を提供する株式会社カブロボ(旧gescalgo)の運営メモです。お金や投資、相場にまつわる情報を発信してます。


【市況ニュース】米経済は調子が良さそうで、強気の攻めが続きます。チャンスは間近?

NEWS

 

FRBは9月に方針転換との見方浮上、株式相場の救世主になる可能性 - Bloomberg

【簡易要約】

  • 米株式相場に落ち着きをもたらすのは、数回先の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合かもしれない
  • 米金融当局が9月に積極的な金融引き締めスタンスをやや弱める方向に方針転換する可能性

 

米短期金融市場、23年半ばの利下げを予想-FRBより早期反転見込む - Bloomberg

【簡易要約】

  • 2023年半ばに利下げが実施されると予想
  • 23年1-3月(第1四半期)に約3.3%でピークの見込み
  • 現在のFF金利誘導目標は1.5-1.75%
  • 米金融当局者の最新の予想中央値は、23年に3.75%

関係者コメント

「リセッションが起こり、インフレは鈍化、商品価格は下落し、米金融当局は23年に利下げ」
「このシナリオは一貫しており、自己実現的なプロセス」

 

 

 

~~~~~

 

9月にスタンスを変更するかもとの見方。

 

先日の記事では、「株価の底打ちは、FRBがハト派へ転換すること」とありましたが、意外と早く底打ちするのかもしれません。

 

gescalgo.hatenablog.com

 

FOMCの予定は、7月26日〜27日、9月20日〜21日、11月1日〜2日ですが、9月の実施後に、スタンス変更が見られるのでしょうか。

 

また、政策金利のピークも約3.3%との予想。

0.75%利上げをあと2回行えば、9月の時点で達成します。

9月以降、ペースダウンしてスタンス転換が見られれば、そのタイミングで株価の底が見られ、その後、数か月後に景気の底となる予想です。

 

果たして上手くいくでしょうか?

FRBは勢いを取り戻し、また足元の米経済も調子が良いとのことで、強気に出られるのでしょう。

キビキビした展開に、チャンスは一時も逃せない状況です。

 

 

 

もちろん、チャンスを逃さず年率30%を目指すなら、信用ロボアドを検討ください。

 

運用実績は、下記よりご覧いただけます。
デモトレード
トレーダーYの「信用ロボアド」運用ブログ

 

疑問・質問などは、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク