株式会社カブロボの運営メモ

年率30%を目指すロボアドバイザー「信用ロボアド」を提供する株式会社カブロボ(旧gescalgo)の運営メモです。お金や投資、相場にまつわる情報を発信してます。


果敢に積極投資をおこなうバフェット氏の銘柄トレースで資産保全なるか?

library

 

バフェット氏、危機に攻める インフレ見据え積極投資 : 日本経済新聞

【簡易要約】

危機に果敢に動く往年のバフェット氏

  • ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイは4月30日、年次株主総会を開催
  • 株式運用は2022年1~3月期に400億ドル(約5兆円)を超える買い越し
  • 資金の使い道がなく、自社株買いは過去最高水準

 

積極投資の背景

  • 積極投資の背景には強まるインフレへの備え
  • 「インフレは財産を巻き上げる。ほとんどすべての人がだましとられる」
  • 「お金を大量に刷ればお金の価値は下がる」
  • インフレでは金利が上昇し国債の価格は下落
  • 一方、株式には多少の耐性がある
  • 競争力のある企業は物価上昇を価格転嫁でき、株価は上がりやすい

 

今もか変わらぬ投資哲学

  • 投資哲学は、本質的な価値より安い価格で購入すれば損をしない「安全余裕率」
    (米石油大手シェブロンやオクシデンタル・ペトロリアムなどの株式を大幅に積み増し)

 

 

 

~~~~~

 

S&P500の年初来の変動は13.86%。

調整は、直近高値から20-30%と考えるとまだ始まったばかりです。

バフェット氏は、今のうちに現金を株式に変え、資産保全に努めようとしてます。

 

シェブロンやオクシデンタルの株価を見ましたが、オクシデンタルは盛り上がりを見せてますね。

シェブロン

オクシデンタル

 

 

PERで見てもオクシは割高になってるかと。

シェブロンも決して割安とは言えませんが、まだマシな状態です。

大幅な下落があった際に、同株もパニック売りされるでしょうから、今と下落のタイミングで買うぐらいでも良いのかもしれません。

少し前に買った日本の商社株が値上がりしてすでに2倍となってるなど、経験と確かな手腕は未だ健在。

賢人バフェット氏が存命のうちに、銘柄トレースする残り少ないチャンスかもしれません。

 

 

また、国内外の値動きのトレンドは下でも、年率30%を目指すなら、信用ロボアドを検討ください。

 

運用実績は、下記よりご覧いただけます。
デモトレード
トレーダーYの「信用ロボアド」運用ブログ

 

疑問・質問などは、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。



スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク