株式会社カブロホ(旧gescalgo)の運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


【市況ニュース】おつり投資トラノコの新チャネルはどうか? JPXの新たな取り組みもチェック!

f:id:credit_robo:20211201020743j:plain

 

国内初のコンビニで投資!モバイルPOSAの「トラノコ 資産運用スターターキット」、都内セブン-イレブンで販売開始|TORANOTEC株式会社のプレスリリース

【簡易要約】

  • 資産運用サービス「トラノコ」の「資産運用スターターキット」を都内セブン-イレブンで販売開始
  • モバイルPOSA技術を活用
    • POSAカードには独自のバーコードがあり、レジでバーコードがスキャンされ購入されたPOSAカードのPINコードのみ使用できる

                                    f:id:credit_robo:20211201014541j:plain

 

 

日本取引所G、証券会社へのデータ配信子会社を設立 : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

【簡易要約】

  • 日本取引所グループ(JPX)は「JPX総研」を12月に設立
  • 株式売買データを証券会社に提供し、株式取引高に左右されない新たな収益源
  • 4月の事業開始を目指す

 

 

 

~~~~~

 

おつり投資の「トラノコ」がコンビニのセブンイレブンに新しい集客チャネルを確立した模様。

正直、プレスリリースの内容がわかりづらくてイミフでしたが、「モバイルPOSA技術」という言葉を知れたのはよかったです。

どうやって競争の激しいセブンイレブンの商品棚に割り込んだのかは謎ですが、ネットではないリアル店舗の集客方法として注目です。

 

何も知らないユーザーが、いきなりコンビニで資産運用スターターキットを買うことは考えづらいですが、様々な媒体に露出して同時キャンペーンなどを行い、コンビニのギフトカード売り場のスターターキットへ誘導する作戦でしょうか。動向が楽しみです。

 

 

JPXは、「東証APIサービスの開始について | 日本取引所グループ」というお知らせを21年1月に出していて、金融データがより一層使いやすくする取り組みのようですが、e-Statの統計データのように、一般ユーザーにも開放されないものでしょうか?

免責は受け入れるとして、過去のデータの取り扱いの敷居をもっと下げていただけると助かります。

「JPX総研」は東証APIとどう違うか含め、来年4月に向けてこちらも注目です。

 

信用ロボアドとしても、新しいトレードロジック開発や検証に活かせられると嬉しいです。現在は、年率30%が目標ですが、より効率的で高いリターンを目指せるよう鋭意、努めてまいります。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク