gescalgoの運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


日米マネーストック比較(M3)

f:id:gescalgo:20210526205947p:plain

fred.stlouisfed.org

 

日米の中央銀行が民間部門にマネーを注入している様子を比較すると、米国が日本を圧倒している。

米国:民間部門に大判振る舞い → ドルの単位当たりの購買力は低下する方向へ → 株の相対的な価値が高まりやすい

日本:民間部門に渋い → 相対的に購買力の低下度合いは米国よりまし → 株の相対的な価値は米国ほど高まらない

 

政府・日銀が円の価値を維持しようとしているのか、米国並みに大判振る舞いをしないのはどういうわけなんでしょう?

 

政府・日銀の姿勢というより、国民の声の大きさの違いの結果なのでしょうか。

 

以下、総額500億とは、額が小さすぎてM3残高や株価に与える影響はあまりなさそう。

jp.reuters.com

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク