株式会社カブロボの運営メモ

年率30%を目指すロボアドバイザー「信用ロボアド」を提供する株式会社カブロボ(旧gescalgo)の運営メモです。お金や投資、相場にまつわる情報を発信してます。


ゴールドマン・サックスのデビッドコスティン氏による22年の期待リターンと推奨銘柄3選!

f:id:credit_robo:20211205030728j:plain

 

Goldman Sachs forecasts modest rise for S&P 500 index in 2022 | Reuters

【簡易要約】

  • S&P 500指数が22年末までに9%上昇と予想(今年は20%以上)
  • 経済成長の鈍化と金利高の見通し(ゴールドマン・サックスのアナリスト、デビッド・コスティン氏)
  • ゴールドマンの指数の予測は、5,100と予測
  • モルガン・スタンレーの予測では、4,400で下落の予測

 

Goldman Sachs’ 3 Stock Picks With Over 50% Upside Potential

【簡易要約】

  • 米国のゴールドマン・サックスのチーフストラテジスト・デビッドコスティン氏
  • 投資家はバランスの取れたポートフォリオから10%のリターンを期待

 

  • 特に3つの株式で50%以上の利益が見込めると予測
    1. Sema4ホールディングス (SMFR)
    2. アリスウォーターソリューションズ (ARIS)
    3. ホライゾンセラピューティクス (HZNP)
  • 3株には6つのアナリストレビューがあり、すべて肯定的
  • 株式は105.85ドルで売られ、平均価格目標は146.67ドル
  • 今後12か月で約38%の上昇の可能性

 

 

 

~~~~~

 

今年のおそらく20%以上のリターンに対し、来年は9%程度と例年より低い水準に落ち着く見通しです。

モルガン・スタンレーなどはマイナスの着地を予想しています。

 

今年は、そもそもコロナ禍からの政府主導の急回復もありましたが、22年はその影響が薄れ、多少反動もあり穏やかな通常ペースに落ち着く見通しです。

 

銘柄も3つ推奨されていましたので、気になる方は実際に調べてみると50%の利益を得られるかもしれません。

 

将来の見通しが付きづらく、どの業種が有利かも判断がつかない場合は、基本は指数に投資して市場全体の成長にベットするのがセオリーです。

この場合では、来年は9%程度は見込めるとのこと。

 

個別銘柄でトレードするなら、少なくとも10%以上の利益を出さないと、市場平均に勝てませんし、わざわざ手張りする労力の手間分だけ負けてしまいますね。

ただし、個別銘柄のトレードは、経済や政治の勉強にもなりますし、効率よく資産形成をできるようになれば、その分、経済的独立の早期達成も可能になりますので、資産配分を行った上で行う分には有効な戦略です。

 

もちろん、時間がない方であれば、市場平均とは異なるロジックで年率30%を目指す信用ロボアドを検討いただければ幸いです。

米中対立など市場がギクシャクする展開が22年も予想されますので、そのようなタイミングでの相場の急落時に狼狽せずコツコツとトレードを実行できるのがロボアド(システムトレード)の強みです。

ぜひ、ご検討ください。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク