株式会社カブロボの運営メモ

年率30%を目指すロボアドバイザー「信用ロボアド」を提供する株式会社カブロボ(旧gescalgo)の運営メモです。お金や投資、相場にまつわる情報を発信してます。


【市況ニュース】世界は融和政策に向かうか?そのときS&P500はどうなるか。

trends

 

米国株、弱気相場の一時的上昇局面は続く-モルガンSのウィルソン氏 - Bloomberg

【簡易要約】

  • モルガン・スタンレー弱気派ストラテジスト、現上昇局面は再び下落の見通し
  • S&P500種は最高4200へと上昇する可能性
  • ソフトランディングの基本シナリオならS&P500種は3400-3500(最大13%下落)
  • リセッションに陥った場合、3000程度(23%余り下落)

 

露大統領、G20参加へ 議長国インドネシアが招待 - 産経ニュース

【簡易要約】

  • プーチン大統領が11月15日にインドネシア・バリ島で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)への招待を受け入れた

 

 

 

~~~~~

 

2022年アメリカ合衆国選挙(中間選挙)は、2022年11月8日火曜日です。

 

プーチン大統領が今まで頑なに世界から心を閉ざしていたのが一変。

首脳会議への参加表明は、心理的な雪解けを示唆してるのでしょうか。

偶然にも中間選挙の約1週間後の開催です。

 

ソフトランディング、ハードランディングどちらになるか未だ予断を許さない状況ではありますが、プーチン氏が停戦に向けて対話を通しての落とし所を探してるのであれば、株価にとってもプラスサプライズとなりそうです。

 

過去には、2800まで下げるなどの予想もありましたが、直近の予測では悲観的に見て3000とのこと。

タイミングは、3600、3300、3000辺りが良いエントリーポイントとなりそうです。

 

もちろん、ドタキャンもありえますので楽観論は禁物ですが、譲歩したがってるのであれば、インフレ要因を少しでも和らげる効果は期待できそうです。

これから、2転3転するでしょうが見守りたいです。

なによりも一日も早く戦争が終わりますように。

 

 

 

また、ロシアやインフレ、FRB動向に惑わされず年率30%を目指すなら、信用ロボアドを検討ください。

 

運用実績は、下記よりご覧いただけます。
デモトレード
トレーダーYの「信用ロボアド」運用ブログ

 

疑問・質問などは、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク