gescalgoの運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


【市況ニュース】米国の株価好調! 日本の回復はまだか?

f:id:credit_robo:20210703234251j:plain

新型コロナ: GPIF20年度、黒字最大37兆円 コロナ対策で株価上昇: 日本経済新聞

【簡易要約】

  • 年度の運用成績が黒字になるのは2年ぶり
  • 収益率も25.15%で過去最高
  • 21年度は20年度のような一方的な株価の上昇が見込めない。よりきめ細かなリスク管理が必要

 

  • ESG(環境・社会・企業統治)投資は21年3月末時点で11.8兆円と、前年から9割増
  • オルタナティブ投資も増えた
  • 基本の資産構成割合(ポートフォリオ)は、国内と外国の株式、債券それぞれ25%を目安

参考:2020年度業務概況書(pdf)

 

 

【米国市況】株が上昇、米雇用統計受けタカ派寄りの見方が後退 - Bloomberg

【簡易要約】

  • S&P500種は7営業日連続で終値ベースの最高値を更新(1997年以来初)
  • 6月の米雇用統計では、雇用者数が10カ月ぶりの大幅増
  • 雇用統計を受け、金融当局が資産購入のテーパリング(段階的縮小)を性急に開始することはないとの見方が強まった

 

 

「ワクチンパスポート」7月下旬 発行開始の見通し 官房長官 | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース

【簡易要約】

  • ワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」は7月下旬に発行開始の見通し
  • 当面は、市区町村がワクチンの接種記録をもとに書面で発行するが、将来的には、利便性を高めるためデジタルでの申請や発行も検討

~~~~~

 

GPIFの運用は調子が良かったとのことですが、収益率も25.15%。

皆さんの運用成績と比較していかがだったでしょうか?

21年は厳しい展開で気を引き締めて、とのことですが、たしかに米国が調子のいい反面、日経平均はそこまで伸びておりません。

 

雇用統計の結果がよく米国はさらに勢いを増し、過去最高を塗り替えていっています。

 

日本でもワクチン接種率やワクチンパスポート、五輪開催などのニュースが続けば、経済再開に向けて、一時的な好景気ムードを醸成できるのでしょうか。

 

アノマリー的にも米国は上げのため、7月に限っては強気で攻めたいですね。(ただし、逃げるスピードも求められそうです)

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク