株式会社カブロボの運営メモ

年率30%を目指すロボアドバイザー「信用ロボアド」を提供する株式会社カブロボ(旧gescalgo)の運営メモです。お金や投資、相場にまつわる情報を発信してます。


【市況ニュース】米雇用統計の堅調さと、新たな投資アイデアに燃える投資家たち。

idea

 

「恐怖指数」5倍上昇見込む取引、米雇用統計前日にトレーダーが実施 - Bloomberg

【簡易要約】

  • 6日、「恐怖指数」と呼ばれるCBOEのボラティリティー指数(VIX)は30を上回って終了
  • 7日米雇用統計を巡る不透明感から
  • 再び大きな相場下落があった場合、割安な方法のヘッジかもしれない
  • VIXの日中ベースの過去最高は2008年10月24日に記録した89.53

 

米国債利回りが上昇、今週の最高水準-雇用統計は利上げ継続を示唆 - Bloomberg

【簡易要約】

雇用統計の結果

  • 9月米雇用統計で非農業部門雇用者数が緩やかながら堅調なペースで増加
  • 7日の米国債市場では利回りが今週の最高水準に上昇
  • 金融当局が引き締め政策を維持するとの見方

次回FOMC

  • 雇用統計は来月に再び75bpの利上げを示唆
  • 経済統計から弱い箇所を見つけるのは難しい

 

ジム・クレーマー氏に逆張りのETF、設定の方向-タトルが計画 - Bloomberg

【簡易要約】

  • 米CNBCの投資情報番組「マッド・マネー」の人気司会者ジム・クレーマー氏に対抗する簡単な方法が用意
  • タトル・キャピタル・マネジメントは上場投資信託(ETF)「インバース・クレーマーETF」(SJIM)を設定する計画
  • クレーマー氏の助言とほぼ正反対の投資結果をもたらすファンド
  • タトルは以前、アーク・インベストメント・マネジメントを率いるキャシー・ウッド氏に逆張りのETFを投入している

 

 

 

~~~~~

 

当記事で以前も紹介したタトル氏。

gescalgo.hatenablog.com

今回は、人気司会者ジム・クレーマー氏への対抗投資信託を用意したようです。

こうした話題性と数字に裏付けのある独自の銘柄開発と、かなり優秀なマーケティング証券会社のように思えます。

SARKの直近の成績は、以下の通りでこれまでは順調に推移してきました。

 

SARK

 

SJIMはどうなるでしょうか?

実際の予測もありますが、このような話題性による上乗せもありますから、盛り上がることが期待されます。

 

 

 

雇用統計が依然強いという結果に終わり再び下げに転じた株価。

恐怖指数VIXも、一端30付近で推移。

 

多くの人たちは今、新しい投資アイデアを模索していて、雇用統計の結果は堅調だったものの景気後退はもう間近だと見込んで積極的な姿勢が見られます。

 

つまり、投資家たちが今の状況に慣れきってしまっているから、ここから大きな急落が起こることは考えずらいです。

当然、米国の経済統計の強さやインフレ高止まり状態はまだ続きそうですから、今みたいな状況もまだまだ続きそうです。

 

そして、こうしたレースで疲弊してしまった頃に、急落は起こるのではないでしょうか?

 

 

 

弊社としては、年率30%を目指す、信用ロボアドを活用いただき、チャンスをとらえ、ピンチを掴まないようにしていただきたいと考えます。

 

運用実績は、下記よりご覧いただけます。
デモトレード
トレーダーYの「信用ロボアド」運用ブログ

 

疑問・質問などは、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク