株式会社カブロホ(旧gescalgo)の運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


日本株の供給量を他の資産と比較(狼狽して売らないために)

www.asahi.com

東証の時価総額は730兆円、うち、大株主上位10位、役員保有、自己株式の除く流通株がざっくり7割として、市場に出回っている株は510兆円。

日銀の持つ上場投資信託(ETF)の保有時価は51兆円。

GPIFが保有する国内株の時価は47兆円。

 

これを差し引くと、一般投資家がアクセスできる時価総額は400兆円強。

 

 

news.yahoo.co.jp

金の時価総額約11.6兆ドル 1,311兆円

ビットコインは1.3兆ドル 147兆円

イーサリアムは5700億ドル 64兆円

ニューヨーク証券取引所とナスダック合計     5,650兆円

http://www.nicmr.com/nicmr/data/market/stock.pdf

f:id:gescalgo:20211127122117p:plain

 

とりわけ米国の時価総額からみると日本株は小型株みたいな流動性。ビットコインの3倍しかない。かつ指標面では米株より割安感あり。これをたたき売るのは勇気がいるような。個別銘柄の空売りでやけどした経験があるので、日本株をイケイケで売る流れがあるとすれば、需給をかんがみて個人的には違和感があるなと。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク