gescalgoの運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


好みが分かれる貯蓄タイプ! あなたはどっち?

f:id:credit_robo:20210915120246j:plain

 

「先取り貯蓄」が良いというけれど…「残し貯め」でも賢く貯蓄を増やすには?(ファイナンシャルフィールド) - Yahoo!ニュース

【簡易要約】

  • 資産形成に「先取り貯蓄」は有効な手段
  • しかし、収入から生活費等の支出後に残った金額を貯蓄に回す「残し貯め貯蓄」も有効
  • 共通するポイントは、「無理のない金額」で「継続する」こと

 

  • 「残し貯め貯蓄」のメリットは季節の変動にも簡単に対応できる
  • “残さなくちゃいけない”というストレスはなく、「今月はこれだけ残った」の意識の切り替え

 

 

~~~~~

 

貯金をしようとしても貯金する習慣ができない人は、やり方が自分に合っていない可能性があります。

継続するには、ストレスなく行えることが大事になりますので、参考にしてください。

 

また、先取り、残し貯め、どちらにせよ「家計簿」は必須で、ムダな支出を把握できる状態は必要です。

 

年齢で考えると、若いうちほど手取りが少ないため、先取りした方が貯めやすい気もしますが、設定額を高くし過ぎると生活が窮屈になってしまいます。

その場合は、少額天引きでまず習慣を作った上で、収入が上がるに連れ残し貯めに移行するのもよいでしょう。

 

また妊娠・出産・育児の時期は、収入が一時的に減りますので家計管理はよりシビアになります。

収入と支出のバランスは、各家庭の価値観にもよるので、それに応じて先取り、残し貯めを選択できると良いですね。

 

資産を効率的に増やすには、年率30%を目指す信用ロボアドもぜひ検討ください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク