株式会社カブロボの運営メモ

年率30%を目指すロボアドバイザー「信用ロボアド」を提供する株式会社カブロボ(旧gescalgo)の運営メモです。お金や投資、相場にまつわる情報を発信してます。


【市況ニュース】外貨準備より心の準備!~ルービニ氏の見通しを添えて

ready

 

22日の円買い介入は3兆円規模か、市場推計-報道 - Bloomberg

【簡易要約】

  • 日銀が22日に実施した円買い・ドル売り介入が3兆円規模と市場参加者の推計
  • 過去最大となった可能性

 

ルービニ氏、米国は「長く、厄介な」リセッションへ-株は40%下落も - Bloomberg

【簡易要約】

著名エコノミスト、ヌリエル・ルービニ氏

  • 2022年末から米国をはじめ世界的に「長く、厄介な」リセッション(景気後退)に突入し、23年いっぱい続く恐れがあると予想
  • 同氏は2008年の金融危機を正確に予想したことで知られる
  • ごく普通のリセッションでさえ、S&P500種は30%下げる可能性
  • 「真のハードランディング(硬着陸)」の場合、下落率は40%に達し得る
  • 金利上昇と債務返済コスト増加に伴い、ゾンビ状態となった多くの機関や企業、さらには国が死を迎える
  • 米金融当局が現在目指している「グロース・リセッション」の達成は困難

 

 

 

~~~~~

 

予算が20兆円ほどに対して、すでに3億円を消化しているようですね。

日本は日本で、思ったよりも窮地に立たされてるのではないでしょうか。

 

gescalgo.hatenablog.com

 

ルービニ氏の予想通りであるならば、昨日の英国ポンドではありませんが、ああいった事象が世界各地で発生することになります。

そして、体力のない企業や国がデフォルトを起こすことになるでしょう。

 

米国の株式市場自体が真の急落を引き起こすのは、そういうタイミングと思われます。

その予兆が昨日の出来事だとすると、年内には大きな出来事があってもおかしくないなという感触です。

 

中間選挙がどうなるか?もありますが、バイデン政権の支持率は低いままで現職不利。

さらには、支持率アップを目指した景気刺激策も現在の状況では打てません。

となると、選挙を期待した株高も限定的と考えられ、その間にどこかの企業や国で信用不安が起これば、それをキッカケに一気に急落しかねない状況です。

 

今は焦る気持ちを抑えながらも、辛抱のときです。

そして、辛抱期間は23年中続くとの見込みです。

 

エントリータイミングはいくらか?もありますが、買ったものをいつ売るか?についても想定しておかないと、気持ち的にシンドイことになりそうです。

 

 

 

そういった諸々のメンタル面の課題と立ち向かう自信がない方は、年率30%を目指す、信用ロボアドを検討ください。

システムトレードにより、売り買いを考えて実行する必要はございません。

 

運用実績は、下記よりご覧いただけます。
デモトレード
トレーダーYの「信用ロボアド」運用ブログ

 

疑問・質問などは、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

IPO抽選作業を自動化する新サービス・「IPOカブロボ」も、よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク