株式会社カブロボの運営メモ

年率30%を目指すロボアドバイザー「信用ロボアド」を提供する株式会社カブロボ(旧gescalgo)の運営メモです。お金や投資、相場にまつわる情報を発信してます。


目先の為替に一喜一憂するカブロボ太。しかし、投資を止めてはなりません!

slowly

 

最も旬な「円売り」トレードに異変も、海外勢に反転上昇の予想 - Bloomberg

【簡易要約】

  • 約24年ぶりの安値水準が続く円相場
  • 海外勢を中心に円の反転上昇を予想
  • 国内勢の間ではなお円売りの見方が根強い

円反転の海外勢

  • 1ドル=140円の大台が近づく中、限界に達した取引と見なす向き
  • 内外金利差の拡大余地は限定的、世界的な金利抑制で低金利の円に支援材料
  • 6カ月後に126円、1年後に120円まで反発との予想はピクテのストラテジスト

円売り根強い国内勢

  • 一方、円をショートするチャンスはまだある、と見る向きも
  • 利下げや景気後退のドル安材料が出てくるのは9月以降
  • それまでに、143~145円までいく可能性も

 

円安でもS&P500への積立投資を続けるべき? – MONEY PLUS

【簡易要約】

  • 2022年に入って、急速に進んだ円安
  • 株高と円安が同時なら、資産にとってはポジティブ
  • しかし、米国株式市場は下落傾向での円安加速
  • 「円安でもS&P500への積立投資を続けるべき?」


【結論】為替レートは気にする必要はない

 

「円安でも投資を続けるべきか」

  • 長期間の積立投資によって、これまでは着実に資産を増やせてきた
  • 投資している資産が長期的に右肩上がりになるかどうかがポイント

「S&P500に投資を続けるべきか」

  • 続けるべきで理由は、「米国は今後も成長するから」
  • 米国は世界最大の経済大国であり続ける
  • 株式市場のスケールが大きい
  • 長期積立投資を続け「ドルコスト平均法」の効果を得る

 

 

 

~~~~~

 

直近、1年での為替の予測は、120-150円でしょうか。

真ん中を135円とみるなら、現在がそこまで以上に見えないから不思議です。

5年後の為替は、120円以下になることはあるのでしょうか?

 

一時的には、円高が進むことも考えられます。

しかしながら、ロボ太的には長期目線では円安一択と考えてます。

理由は、日本の国際競争力が世界に劣後してるから、という理由になります。

 

これは、日銀の方針変更やウクライナ侵攻が終結して、一時的に円高に振れたとしても解決する問題ではなく、ジワリジワリと為替を、そして日本人の預貯金を蝕んでいくものとなるでしょう。

 

 

 

では、どうしたらいいか?

といえば、積立投資で資産形成を計るしかありません。

ゆっくりでも良いから、投資の手を止めてはならないのです。

 

gescalgo.hatenablog.com

日本には、「下手な考え休むに似たり」という言葉があります。

ロボ太も含め、「いつが買い時か?」を逡巡する投資家は多いことと思われます。

 

しかし、紹介記事にもある通り、大事なのは「株価が長期的に右肩」となっているかどうかです。

多少のプラスマイナスはあるにせよ、長期的右肩で積み立て続けられれば、資産形成を成功させることが容易にできます。

 

 

 

 

ただし多くの人は、仕事や家庭、趣味との両立をする中で、投資に回せるお金も限定的かと思われます。

 

そこで、年率30%を目指す、信用ロボアドの出番です。

当社のロボアドを活用し、システムトレードにより、資産形成のブーストを試みてはいかがでしょうか?

 

運用実績は、下記よりご覧いただけます。
デモトレード
トレーダーYの「信用ロボアド」運用ブログ

 

疑問・質問などは、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

IPO抽選作業を自動化する新サービス・「IPOカブロボ」も、よろしくお願いします。

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク