gescalgoの運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


楽天の決算資料から、フィンテックの全体戦略(お手本)のお勉強!

f:id:credit_robo:20211003000722j:plain

 

2021年度決算短信・説明会資料|楽天グループ株式会社

【簡易要約】

  • 楽天カードを中心とした強固なフィンテックエコシステムによる会員基盤拡大の加速
  • 投信積立設定口座数は164万口座に、そのうち、「楽天カード」クレジット決済
    利用者は76%

 

f:id:credit_robo:20211002234843p:plain

f:id:credit_robo:20211002235322p:plain

f:id:credit_robo:20211002235430p:plain



 

 

~~~~~

 

楽天カードを起点とした楽天銀行、楽天証券への流れ、顧客の囲い込みは順調に拡大。

楽天保険(生命、損保、ペット)や楽天ペイは今後、さらに力を入れて伸ばしていく分野でしょうか。

ロボアドは、証券の中に含まれていて内訳は不明。

 

自社で全ブランドを統制している楽天は、他の〇〇経済圏と比べると力強さが頭一つ抜き出ている印象がありますけど、他も黙っていないでしょうしここからの攻勢が楽しみです。

 

また、楽天としてはpaypayに先行されているキャッシュレス決済の分野と楽天モバイルでの囲い込み、利用料金の証券への流し込み(ポイント投資)、コロナ禍で有耶無耶になっているマイナポイント活用などが今後のサービス拡大の鍵を握りそうです。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク