gescalgoの運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


ポイント運用の2大巨頭・楽天とPayPay、勝ってるのはどっち?

f:id:credit_robo:20210804225917j:plain

楽天、「ポイント運用 by 楽天PointClub」のユーザー数が500万人を突破|楽天証券

【簡易要約】

  • 2018年10月から「ポイント運用 by 楽天PointClub」を開始し500万人を突破
  • 9月頃に特別キャンペーンを実施予定
  • ※「ポイント運用」は運用の疑似体験サービスです。楽天証券の「ポイント投資」は、ポイントで投資信託を購入できるサービスとなります。

 

PayPayアプリで投資の疑似運用体験ができる「ボーナス運用」400万運用者を達成!約3ヶ月で新たに100万人が疑似運用体験を開始|PayPay証券株式会社

【簡易要約】

  • 投資の疑似運用体験ができるサービス「ボーナス運用」
  • 2020年4月のサービス提供開始から、約1年3ヶ月で400万運用者を突破

 

 

~~~~~

 

王者・楽天を猛追するPayPayといったところでしょうか。

キャッシュレス決済では、大規模キャンペーンでシェアを拡げるPayPay。先日のCSランキングで順位は奮いませんでしたが、その勢いは圧倒的です。

今後、PayPay証券の伸びがどうなるかは一つの注目ポイントです。

 

また、疑似投資は、証券口座を開設しなくても実態に近い投資を行えるのが特徴です。

文字やグラフだけで複利の力を理解できなくとも、OJTのような形でポイント運用をすることで複利効果を実感できれば、それだけで資産形成に有利に働きます。

 

「投資パフォーマンスは既に亡くなっている方が一番良かった」なんて小話がありますが、中高生の頃に何となく始めて放ったらかしておいたポイント運用が、大学生や社会人になって「思いのほか増えていた!」なんて体験をできれば、ポイント運用成功でしょうか。

 

100万円以上の資産を運用する段になりましたら、信用ロボアドも検討いただければ幸いです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク