gescalgoの運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


【市況ニュース】雇用統計前の確認事項

f:id:credit_robo:20210804005010j:plain

FRB、10月までに緩和縮小着手の公算=ウォラー理事

【簡易要約】

  • 米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事は、向こう2回の雇用統計で各80万-100万人増加すれば、10月までにテーパリング(量的緩和の縮小)に着手する可能性があると述べた
  • 雇用統計が合計160万-200万人増加すれば、失われた雇用の85%が9月初旬までに回復したことを意味する
  • デルタ変異株で経済が阻害されるとは考えていないと表明
  • 物価は、インフレ高進は年内に収束すると予想するも、こうした見方には「上方リスク」があると述べた

 

 

~~~~~

 

今週金曜日は雇用統計があります。

雇用統計は、現在、FRBが注視している失業率とインフレ率の2大項目のうちの1つ。

それゆえ、進捗を市場関係者、皆で見守る形になります。

 

雇用が回復するのが当然のストーリーとしてありますが、デルタ変異株については阻害要因ではないとのことで、その辺が未達の場合、影響しそうです。

 

バラマキを止めるということは、これまでのようなお祭り相場が終わり、引き締めに入ることを意味しているため、市場にショックを与えずとも、お祭りから日常への移行が行われます。

既に株価は織り込み済みの部分と、FRBの正式発表を受けて動く筋もいるため、身辺整理は済ませ身軽なポジションで望みたいです。

 

そのため、中期でみたら気を引き締めて行くことになりますが、予定通り10月からテーパリング着手ができるなら、それは市場にとって交換されるため、予定通り10月から2月ぐらいにかけて、強気の相場が期待できそうです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク