gescalgoの運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


気になるサービスリリース5選のご紹介(FXのスプレッド0銭や経済状況で擬似オプション取引など)

f:id:credit_robo:20210729020030j:plain

 

7月26日からスタート!類を見ない1日中「米ドル/円」スプレッド0.0銭キャンペーン実施のご案内|マネーパートナーズのプレスリリース

【簡易要約】

  • パートナーズFX nano「米ドル/円」におけるスプレッドを1回あたり5万通貨までのお取引なら1日中0.0銭
  • ~2021年08月07日(土) 05時50分まで

 


f:id:credit_robo:20210729013345j:plain

 

 

株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」、リリース1周年記念キャンペーン第2弾を開催

【簡易要約】

  • 株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels
  • 事業成長を目指すスタートアップ企業に個人が出資することができる
  • 2020年8月18日サービスリリース、登録投資家数5,000名を突破、調達支援総額は1億円を突破
  • エンジェル税制の適用条件を満たした場合には、税制優遇を受けることも可能

 

勝敗を予想をして、当てれば最大1000万円貰えるアプリが登場!

【簡易要約】

  • Votey」は経済状況やスポーツ、天候、政治イベントなど、あらゆる出来事に0から100の間の価格を提示
  • ユーザーはその勝敗を予想して、株式やオプション取引のようにあらゆる出来事をアプリ内の仮想ポイントで売買できる

 

  • 全てのお題は最終的に正しい選択肢が価格100で決済
  • 正しくない選択肢が価格0で決済

 

  • 例えば、「明日東京で雨が降るか?」のお題に対して、「YES」に提示されている価格が80の場合、明日雨が降る確率は80%だとユーザーは判断ししている

 

Finatextホールディングスの子会社 K-ZONEが提供する、株取引シミュレーションゲーム「トレダビ」が会員数 130万人突破

【簡易要約】

  • 日本最大の株取引シミュレーションゲーム「トレダビ」の会員数が130万人を突破
  • トレダビ企業版としてNTT西日本様の内定者様向けの研修ツールとして利用
  • ① リアルなデータを利用(20分遅延で取引)、② 実際の取引ルールの適用、③ 仮想株取引の上位入賞者には豪華賞品、④損失も手数料もバーチャルなのでお金不要※月額1080円で利用できる機能も提供

 

リクルート、個人の資産形成を支援するための情報サイト 『スゴい!投資運用の商品探し』を本日オープン

CONNECTとリクルートが提携、資産形成層向けの新情報サイトで投資運用商品を提供

【簡易要約】

  • 個人の資産形成を支援するための情報サイト 『スゴい!投資運用の商品探し』をオープン
  • 独立系ファイナンシャルアドバイザーである株式会社Fan(以下Fan)と提携
  • 金融機関が提供する投資商品サイトへのリンクも設置(株式会社CONNECT、丸井グループのtsumiki証券株式会社)

 

 

~~~~~

 

直接、ロボアドや資産形成とは関係ないですが、ここ数日のリリースで新サービスや気になる取組を紹介します。

 

FXのスプレッド0.0銭。

「ついにこのときが来たか!」といった感じで、各社ギリギリのせめぎ合いの中、マネーパートナーズが一歩前進した模様です。

これなら本当に、丁半博打ではありませんが、一定の確率でシストレできちゃいそうですね。

もちろん、上限があるため、そういった動きも見越しての事でしょう

 

また、「CAMPFIRE Angels」はオルタナティブ資産にもなり、高いリターンが期待できるエンジェル投資になります。

こちらも、当たれば大きいが外れると価値は0円といった、株主の醍醐味を味わえるサービスです。

IPOに当たらなくて嘆いている方は、数年がかりでこのサービスを利用してみても良いかもしれません。

 

勝敗予想アプリ「Votey」は、様々な事象をオプション取引対象にしてしまうありそうでなかったサービスです。

賭博にはならないようスレスレのラインといったところでしょうか。

基本は手数料無料で行えるのがユニークです。

 

「トレダビ」も基本利用は無料のデモトレードアプリです。

この辺のサービスは、マネタイズポイントが気になりますが、うまいことボカしつつも集客や会員数獲得を目指しているように思います。

 

そして、リクルートの資産形成ポータルサイト、スタート。

結婚、出産、子育て、就職、転職、グルメサイト等、ライフステージや生活に寄り添った情報サイトを運営してきたリクルートが、少し遅くはありますが、ここに来て資産形成の応援サイトを始めました。

後発組がどのような展開で、サービス拡大を目指すのか注目です。

 

今の時代、情報が溢れていて、可処分時間の奪い合いなどと表現されますが、これだけ魅力的なサービスがどんどんリリースされ研ぎ澄まされていて、お金の投資先もそうですが時間の投資先や配分も戦略が大切になりますね。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク