gescalgoの運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


【市況ニュース】FOMCでテーパリング議論加速、対中政策の行く末は?

f:id:credit_robo:20210725001623j:plain

FRBのテーパリング、来週のFOMCで議論加速へ - WSJ

【簡易要約】

  • 来週のFOMCで量的緩和策の縮小(テーパリング)の議論を加速させる見通し
  • 2022年中に利上げを開始できるよう10月ごろの資産購入終了を検討

 

バイデン氏の対中政策、トランプ流に包囲網を追加 - WSJ

【簡易要約】

  • バイデン米政権は、サイバー攻撃や人権侵害問題について対中圧力を強めている
  • 自らの陣営に同盟国を引き込むことでも一定の成果
  • 週末、訪中で米中の政府高官が直接対面する
  • 協議では、米国が抱く懸念と、協力が可能な分野を探ることが中心議題

 

~~~~~

 

テーパリングについて、より明確な日にちが提示されるようになり、現実味が帯びてきています。

ここまで入念にコミュニケーションができていると、市場参加者のパニックは少ないと予想されます。

 

それよりも、目下の関心事は対中政策でしょう。

この辺のお互いの些細なすれ違いが、大暴落に発展する懸念があるため、緊張感は高まる一方です。

海外は米中関係が、日本では衆院選挙が、株価に大きな影響を与えそうです。

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク