gescalgoの運営メモ

「信用ロボアド」による資産形成サービスです。


PayPayのボーナス運用の成績が年率〇〇%と調子が良かったので、他のサービスも調べてみました!

f:id:credit_robo:20210617022814j:plain

 

~~~~~

 

本日は、キャッシュレス決済に利用しているPAYPAYの運用が、1年で41%上昇していたのでその驚きの報告と、その他のサービスをご紹介。

 

サービスは、「ボーナス運用」、「つみたてロボ貯蓄」、「日米株」、「誰でもIPO!」、「CFD10倍(および日本株CFD)」の5つです。

 

「ボーナス運用」は、お買い物で貯まったポイントをそのまま運用できるサービスで、自動で追加設定している場合などは、積立投資同様の効果が得られます。

1円からスタートでき、チャレンジとスタンダードの2コースから選ぶだけ。

カブロボ太は、スタンダードコースでしたがそれで41%!末恐ろしい存在です。

 

「つみたてロボ貯蓄」は、ロボと付いてるだけに気になる存在ですが、シンプルに積立アプリといった感じです。

1,000円から特定の銘柄に積立設定を行なうことが出来、それを複数まとめてオリジナルのポートフォリオを作れるサービスみたいです。

自動で売ったりもできるのでリバランスも可能とあり、初心者向けのわりにはファンドマネージャーのような資産運用をお手軽に?楽しめるサービスのようです。

 

 

 

「日米株」は、つみたての株式版といった感じで、こちらも1,000円から特定の銘柄に投資ができるようです。

累計170万DLと、かなり多くの方に利用されてます。

漫画で投資を学ぶコンテンツも有り、投資初心者には安心ですね!

 

「誰でもIPO!」は、1株単位でIPO抽選に参加できるアプリのようですが、過去の実施はソフトバンク[9434]だけで、次が続いているのかどうか不明です。

SBI証券も自社のIPOは自分たちの証券口座のお客様に割り振りたい事もあり、なかなか回ってこないのでしょうか。

 

「CFD10倍(および日本株CFD5倍)」は、1万円(約定代金の1/5)でレバレッジ5倍・10倍をかけて、差金決済取引ができます。

基本的に、レバレッジをきかせた取引を推奨していないgescalgo社としては、「けしからん!」とだけ言っておきますが、ユーザーのニーズに答えるのも大切かもしれません。

 

気になる「手数料」ですが、


基本的には0.5%(共通)
時間外は国外0.7%、国内1.0%

 

また、国外は1米ドルあたり35銭の為替手数料が売り買いで発生し、CFDは取引価格に手数料が含まれているから無料とのこと。

 

サービスが下にいくにつれてハードモードになっていきますので、まずは「ボーナス運用」でコツコツ積立の恩恵を確かめて、実際のお金を投入してみるのはいかがでしょうか?

 

もう少しまとまったお金があり、相場の値動きとは連動しないオルタナティブ資産のような立ち位置で、年率30%を目指す資産形成に興味がございましたら、信用ロボアドをご検討ください。

過去の実績は、デモトレードからご覧いただけます。